アンチエイジングのためのさまざまな方法

アンチエイジングとは直訳すれば加齢に対抗することです。
人間は年齢を重ねるごとにさまざまな部位が劣化してしまいます。
それは足腰が立たなくなったり目が霞んできたりといった機能的な面でしばしば話題になりますが、美容の面についても無視できない影響が及ぶはずです。
たとえば目尻や眉間にしわが寄ってしまったり、ほうれい線が深く刻み込まれて取れなくなったり、肌のうるおいが無くなりくすみがちになるといったことにあらわれます。
これらの問題を解消しようとするのがアンチエイジングであり、昔からさまざまな方法が編み出されてきました。
アンチエイジングの方法として有名なものにはコラーゲンやヒアルロン酸の注射が挙げられます。
肌のハリを高め水分を保つために必要な物質を外から注射という手段で補うことによって、加齢による肌の衰えを解消するものです。
こうした外から補う方法ではなく、体の内側から若さを保つ方法として近年注目されているのが、幹細胞を用いた再生医療です。

アンチエイジングと幹細胞を用いた再生医療

アンチエイジングに役立てることができると注目されている幹細胞ですが、これは人体でさまざまな細胞に分化することができる能力と、自己複製をする能力をあわせもった細胞のことをいいます。
人体のなかでも脂肪組織などに多く含まれていることから、いったんこれを採取して人工的に培養し、培養済みの幹細胞をふたたび人体に戻すという方法で、アンチエイジングを図ろうとするのが幹細胞を用いた再生医療です。
幹細胞も加齢とともに少なくなってしまうのが常ですが、年齢が若い間に幹細胞を抽出して培養し、しばらく低温状態で保存しておくことは可能です。
そこでかねて保存しておいた幹細胞を、歳をとってから取り出して人体に戻せば、また内側から活発に働いてコラーゲンの生成などで肌のハリ・ツヤを蘇らせてくれます。
もちろん幹細胞の培養にも専門的な設備をもった施設が必要ですので、こうした治療方法を採用しているクリニックは多くはありませんが、試してみる価値はあるといえるでしょう。

まとめ

人体の老化に対抗するアンチエイジングにはさまざまな方法がありますが、これまではコラーゲンやヒアルロン酸の注射など、人体の外側から必要な物質を体内に補う方法が主流でした。
しかし最近では幹細胞を用いた再生医療のように、もともと人体にある物質を使って内側からアンチエイジングに取り組む方法も注目されています。
この方法では幹細胞をいったん人体から採取して培養し、これをふたたび人体に戻すことで、若さを取り戻す役目を果たさせます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。